① 下駄箱でスリッパに履き替える。
(入浴はできないので服は脱がないでください)

② 番台でチケットを購入する。
(すでに持っている場合はチケットを提示)

③ アートを愉しむ。

④ 気になる作家に手紙を書く。

⑤ 脱衣場で作家のロッカーに手紙を投函する。

 

 


手紙を出せるのは一回だけ
作品をみて思うこと。閃いたこと。疑問。浮かんだイメージ。共感。違和感。好き。衝動。なんでも。感じていることを一通の手紙にこめて、芸術家にぶつけてみてください。作家は返事を書きます。あなたの感性と作家の感性が交錯して何が起こるか…わくわくしています。

 

お手紙とお返事はfacebookページで公開!
HITAKIBAのfacebookページをフォローするとタイムラインで作家の返事をご覧になれます。(facebookをご利用でない方はメールまたは郵送で返事を受け取ることもできます)
facebookページ:https://www.facebook.com/hitakiba


 

お願い

芸術は、表現に挑み続ける闘いです。言葉にできないこと、うまく伝えられないことなども沢山あると思います。せっかく頂いたお手紙ですが、現時点ではお返事できない場合もあることをご了承ください。でも、すべてのお手紙を読んでいます。そして、答えられないような質問のなかに創造の芽が沢山あると思っています。大切に読みます。