田羅 義史

Tara Yshifumi

1994年
静岡生まれ。
福岡・熊本・埼玉・広島で育つ。
武蔵野美術大学 空間演出デザイン科卒業。
東京藝術大学 大学院 空間・演出研究室 修了。

1994年 静岡生まれ
2017年 武蔵野美術大学 空間演出デザイン卒業
2018年 東京藝術大学  空間演出研究室 修士課程修了
2019年 東京芸術大学  デザイン科 教育研究助手


展示・受賞歴
2011年
Doodle4Google ロゴデザイン Googler賞 
2015年
第8回 雪のデザイン賞 入選 
@雪の科学館 展示 
2017年
第49回毎日・DAS学生デザイン賞大学生の部”金の卵賞 入選
@大阪デザイン振興プラザデザイン ギャラリー 展示
2018年
第57回 日本クラフト展・クラフトNEXT 入選
@東京ミッドタウンデザインハブ 特別展
2019年 
第20回 CSデザイン賞 学生部門 『青写真』 銀賞エリア マネジメント協議会賞
@ 渋谷仮囲いに施工
グループ展 「SICF20」Spiral グループ展「KIZUNA2019」
@GALLERY ART POINT
2020年
グループ展 「これやん展 いんすぴ展」
@ パークホテル東京 
グループ展 「vigor」
@GALLERY ART POINT

Statement

この1週間で、あなたが一番興味深いと思ったことはなんですか?
私たちは携帯を使えばいつでも、どこでも誰とでも話ができ、飛行機を使えば60時間以下で地球を一周できる時代に生きています。
携帯電話は20年前のスーパーコンピューター以上の性能を持ち、その普及率数は2014年に世界人口72億を超えました。
なによりすごいことは、この文章を当たり前と思って読む人がい居るということです。
そして世界を当たり前のものとして生活していることです。

インターネットの普及により既に多くの人が、快適・利便性=豊かさではないと感じ始めているのではないでしょうか。
だからこそ私は、表現活動を通じて多くの人にいつもの世界を違った角度で見て欲しいと考えております。

空は青いのはなぜだろう。
魚や鳥の視点で世界はどんな風に見えているのだろう。
私たちが当たり前と思っているものにこそ、豊かさや新しさが隠れているのではないか。

ワクチンを開発したフランスの細菌学者として知られるルイ・パスツールの言葉に『幸運は用意された心のみに宿る』という言葉を残しています。
また、著書『沈黙の春』で有名なアメリカのレイチェル・カーソンも『センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見張る感性』を誰もが持つことを願いました。

ワクワクする不思議な体験は、何かを疑問に思う些細な好奇心から生まれるのだと考えます。
私の作品を鑑賞するにあたり、主人公は作り手の私ではなく、受け手のあなたです。
そして小さくても誰かの好奇心の種に、日常の鏡になりましたら幸いです。
宮の湯という銭湯が、皆さまにとって熱い出会いの場となりますこと期待しております。

このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.