矢部 桜

Yabe Sakura

– CV –

1995 
静岡県に生まれ、自然に囲まれて育つ。

2015
愛知県立芸術大学陶磁専攻に入学。陶芸を学ぶが一年で中退。

2016
東京藝術大学工芸科に入学し、漆芸を学び始める。

2020
同大学大学院工芸専攻漆芸研究室在籍。



– EXHIBITION・ACTIVITY・SCHOLARSHIP –

2016.8
『三越×藝大デザインコンペティション』出展・共同制作 / 日本橋三越本店(東京/日本橋)
2017.3
静岡県の小学校にて制作・2017年卒業生祝福に貢献 / 静岡県掛川市立千浜小学
2017.9
『ここのね』二人展 / 東京藝術大学 中央棟2F
2017.9
『藝大×静岡県掛川市企画展』 / ZIKAN(静岡/掛川)
2018.3
小学校にて制作・2018年卒業生祝福に貢献・静岡新聞掲載 / 静岡県掛川市立千浜小学校
2018.6
中学校にて展示・静岡新聞掲載 / 静岡県立大浜中学校
2018.11
『第14回静岡県掛川市大東地区文化祭』 出展 / 静岡県掛川市文化会館シオーネ
2019.1
『第67回 東京藝術大学卒業・修了作品展』 / 東京都美術館
2019.1
『未来へ』グループ展・共同制作 / 静岡県掛川市立大東図書館
2019.9
『natural NATURE 3』グループ展 / フリュウ・ギャラリー(東京/根津)
2019.10
『うるしのかたち展』グループ展 / 東京藝術大学 陳列館
2020.1
*トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムby文部科学省 奨学金 授与
2020.3
『m i n g l e』個展 / フリュウ・ギャラリー(東京/根津)
2020.7
『漆芸三人展』グループ展 / The Artcomplex Center of Tokyo(東京/新宿)

Statement

日本の伝統工芸であり、アジア独自の素材である漆を用いたものづくりを中心に行う。

従来の漆芸イメージから離れた漆の多彩な色遣いや質感、多々登場する動植物などのモチーフは、親しみやすい愛らしさと自由で新鮮な漆の心地よさを感じさせる。

古き良きものを、今の日本や世界に合った提示の仕方を模索しながら、人のこころをポジティブに温め、エネルギーをくれるようなものづくりを目指す。

また、木工やドローイングなど、漆以外の素材も扱いながら、生活用品から立体・絵画作品まで幅広く制作を行う。

このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.